ミトコンドリア (和英混合)ミュージックビデオ

人は「天満の哲」または「哲さん」と呼ぶ。大阪は天六で音太小屋という怪しげなイベント会場を経営している。自身も夜な夜なギターをかついで、関西中のライブハウスに出没する。15年前に脳梗塞で半身不随になったというが、今はほとんどその痕跡もない。

歌に訳詞をつけてほしい。酒場で哲さんはそう言った。全世界に広めて、ボブ・ディランに歌ってもらうのが目標だという。また始まった。彼はとにかくアイデアマンで、いつもいろいろな計画を立てては日々奔走しているのである。

哲さんにはいろいろお世話になっているし、引き受けることにした。僕自身、頭の片隅の10%くらいのところで「面白い」と思ってしまったのかもしれない。悪い癖である。

訳詞を渡したらさっそく、音楽仲間を集めてレコーディングをしたらしい。行動が早い。すると今度は、PVをつくってほしいと言ってきた。これは想定内である。適当なフリー素材に歌詞を載せて終わらせようと思っていたが、僕の凝り性が災いした。

思いつきで、ビデオカメラを持って音太小屋を訪ねた。なんの説明もせず、カメラの前で哲さんに歌わせ、コートを着せ、床の上を這いつくばってもらい、そして完成したのがこのビデオである。

万が一世界的なヒットとなった場合は、収益は関係者で山分けという約束になっている。今のところYoutubeのアクセスは少ない。

 

 

Performed/arranged by 哲っさんとH2TS (Tessan-to-H2TS)

Vocal/Guitar 天満の哲 (Tenma no Tetsu)
Guitar ひろけー (Hirok)
Electric Piano/Chorus はまみぃ (Hamamy)
Percussion/Cajon  T.T
Electric Bass サトルB (Satoru B)
————————————
Song written/composed by 天満の哲 (Tenma no Tetsu)
Translated by 高野淳壱郎 (Jyunichiro Takano)
————————————
Recorded at 音太小屋 (Netagoya)
http://www.eonet.ne.jp/~netagoya/
————————————
Music video
Director/Editor 高野淳壱郎 (Jyunichiro Takano)
http://www.niago.com
————————————
(c)2016 Netagoya